中国投資コンサルティングのアピック(東京、濵﨑正信社長)は、中国での出版社の版権を仲介する事業に乗り出す。来春をめどに中国最大の出版社、中国出版集団と合弁で北京に版権仲介会社を設立。中国で人気がある日本の漫画やベストセラー小説の版権を売り込む。

合弁会社は、中国出版集団の海外印刷物出版子会社「中国対外翻訳出版」と設立する(中略)中国対外翻訳出版の親会社の中国出版集団は、中国の国家新聞出版総局の傘下企業。アピックでは「中国で横行する海賊版の防止対策でも協力を得られる」と期待している。

新聞記事3「日本の漫画売り込み」アピック